2023-01-01から1年間の記事一覧

コロナ禍明けの高尾山

コロナ禍明けの2023年5月21日(日)、久々に、高尾山に登った。二度目である。一度目の2016/10/10に登ったときは電車で行ったが、今回は息子の車の運転で、孫(3歳、6歳)も一緒であった。 圏央道・スマホアプリの効果 8:35 所沢の自宅を出発する。50分ほど…

地方に住むことについて

「地域おこし協力隊」がYouTubeで話題になっている。そのYouTubeを視聴した。田舎で育ち、東京に出てきて、毎年、田舎に帰省するものにとって、身につまされる。改めて、地方に住むことについて考えてみた。

何故、人は「木」切るのか、セミパブリック空間には集合知を

神宮外苑の杜が未だ揺れている。土地利用、まちづくりに多少なりとも関わってきた者として、思案している中、解剖学者にして「バカの壁」を著した養老孟司氏の言葉にハットさせられた。

道傍に春を探索

2023年2月19日(日)、「気温18度」の予報に誘われ、自宅から1年ぶりに柳瀬川回廊を経由して、巷で評判の「黒塀の枝垂れ梅」まで、道傍の春を探し散策した。昨年とはルートを若干変え、今年は清瀬金山緑地公園を抜けていくコースとした。親水性に配慮した河…

テレワークの実態、インパクト、そして行く末

コロナ禍も3年が過ぎ、コロナウイルスによる致死率も低下し、いよいよwithコロナ社会に移行しようとしている。コロナ禍における移動制約は、Zoom等のリモートコミュニケーションツールの普及と相まって、テレワークを加速させた。その実態、インパクト、そ…