秩父で「松竹歌舞伎舞踊公演」を観る

1週間前の2022年7月29日(土)に、久しぶりに歌舞伎を観た。新型コロナウィルスの感染拡大が進行中の都内ではなく、秩父市での公演ということで、観に行った。

with コロナの開催

この「松竹歌舞伎舞踊公演」は6月30日から7月31日の間に、24箇所で公演するという地方「巡業」であったが、途中、コロナ禍の為、7月20日(水)から7月25日(月)までの公演を中止していたが、7月25日に一斉 PCR 検査を実施し、PCR 検査「陰性」を確認した出演者・スタッフにて公演を運営できると判断し、7月27日から再開したので、7月30日の秩父での公演を観ることができたという次第。

入場チケットの半券も、コロナ感染発生時の連絡確保のために、氏名と電話番号を記入し、自ら切り離し提出(箱に投函)するという対策がなされていた。

着席の配置は、「市松模様」ではなく(中村芝翫の言)、ペア/グループは離れることなく座り、別のペア/グループとの間を空席とする配席であった。観客・会場スタッフ等はマスクはもちろん着用していたが、よく見ると、舞台上の唄、鳴物の方々も黒いマスクをしていた。

終演後の会場退席も、密にならないように、順番に案内されての「規制退場」方式であった。

公演(撮影禁止)

最初に、素顔の中村芝翫による「御挨拶」が20分弱。裏話を含めて歌舞伎流挨拶があった。

続いて、中村芝翫の息子の橋之助・福之助による「操り三番叟」(20分弱)が演じられた。中村橋之助が後見役(人形を操る)になり、中村福之助が三番叟を踊る人形役となっていた。見ながら、ふるさとの阿波踊りで演じられていた「奴踊り」を思い出した。

30分の休憩の後、公演のハイライトの「連獅子」(約1時間)が演じられた。連獅子は、獅子が我が子を千尋の谷に突き落とし、この試練を乗り越えた子のみを育てるという伝説を踏まえて明治5年に初演された演目。最後に、連獅子(中村芝翫中村歌之助)による毛を頭を振って結構な時間、回すのだが、さすが親の中村芝翫は首が回りかね、苦労しているのに対して、息子の中村橋之助は若いだけあって、元気に力強く首が回っていた。しかし、最後の二人揃っての見栄を切っての終わり方は圧巻で、やはり「歌舞伎」を感じる。

伝統芸能「歌舞伎」を支える「松竹」

このような歌舞伎が何故、現在も人気を博し興行(ビジネス)を持続できているのか。
たまたま、秩父公演の前日に放送された「カンブリア宮殿」で「エンタメを極めて120年 ピンチに攻める! 松竹」を見た。バーチャルアイドルキャラクターである初音ミクと共演する「超歌舞伎」、若手歌舞伎役者が「バーチャルアイドルと共演しライブ配信」したり、バーチャルスタジオで「メタ歌舞伎」の撮影したりしていることを知る。伝統芸能の世界が先端の技術を取り込んでいる。

現松竹社長の迫本氏は、松竹の財務体質を完全するために、資産の見直し・活用を行ってきた経営者。2013年4月に建て替えられた銀座の歌舞伎座オフィスビル棟を併設して安定収入を確保するためであり、それはすべて伝統芸能を維持するためとのこと。安定して儲かる事業を興し、不安定な興行を支えると云う仕組みである。国の補助金に頼らず、民業として大衆芸能として、歌舞伎興行を維持しようとするところに気概を感じる。

参考:「五代目」歌舞伎座が銀座にお目見え 2013.04.02 nippon.com

おわりに

久しぶりに歌舞伎を観て、それを支える民間企業の経営の仕組みを知り、伝統と先進技術のイノベーティブな融合を知ることができた。やはり、必要は発明の母であり、イノベーションを励起することを改めて認識させれらた。コロナ禍を超え、さらにイノベーションした歌舞伎を応援したい。

上田研二氏を偲ぶ

2022年5月15日、㈱高齢社(2000年1月1日設立)を興し、そのノウハウを余すことなくオープンにし、高齢者の働く場づくりの支援をしたいと一般社団法人高齢者活躍支援協議会(略称:高活協)を立ち上げ、高齢者派遣事業の普及に尽力された上田研二さんが亡くなられた。そして、先日(2022年7月25日)、高活協主催での「偲ぶ会」が催され出席しました。改めて、ここに生前の上田さんを偲び、哀悼の意を表したいと思います。

2年前に出版された「53の言葉」に託した遺言が、本当に「遺言」になってしまいました。

続きを読む

「協働」を超えて 「コレクティブ・インパクト」の市民参加へ

「国づくり」から「まちづくり」への流れ

「市民参加/住民参加」が謳われ久しい。しかし、市民参加/住民参加とはそもそも何を意味するのか。いつから、そのような概念が出てきたのか。

封建時代(鎌倉時代~江戸時代)が終わり、明治維新後からは近代国家への国づくり、そして第二次大戦敗戦後の復興を経て、新たな国づくりに邁進した高度成長期時代が続く。1970年(昭和45年)に、総人口に占める 65歳人口の割合が7%を超え、いわゆる「高齢化社会」に突入するなか、第一次オイルショック[1973年(昭和48年)10月~1974年(昭和49年)8月]が起こり、高度成長時代は終焉し、低成長時代へと一大転換を迎える。

続きを読む

秩父の「ようばけ」を観る

2022年4月9日(土)、久しぶりに秩父に行った。行きの西武秩父行きの特急電車はコロナ禍の第7波が心配される中ではあったが、ほぼ満員に使い状態であった。「社会的」にコロナ禍が終わりつつあることを実感する。

秩父で、最近、テレビでよく見かける小鹿野町がどういうところか実際に見てみたくて、秩父市に住む娘の車の運転で、秩父ミューズパークを抜けて、小鹿野町の奈倉地区にある「ようばけ」に行った。秩父ミューズパークの中の桜がいたるところで咲いており、綺麗であった。道路の法面もコンクリートブロックではなく、段々状の自然景観にあうように工夫がなされ、なかなか良い。

続きを読む

ロシアのウクライナ侵攻 1ヶ月の動静

ロシアがウクライナに侵攻(2022年2月24日~)して、1ヶ月が経過した。いつの間にか、「コロナ禍」から「プーチン禍/戦時モード」に、メディア、世論がシフトしている。
日本の国会でも、ウクライナのゼレンスキー大統領がオンライン演説(3月23日)を行った。

続きを読む

春間近の柳瀬川回廊・黒塀枝垂れ梅 散策

2022年2月26日、ようやく寒気が緩み、気温が13度まで上がるとのことで、散歩を兼ねて、黒塀の枝垂れ梅で有名な梅(所沢市の民家)を観に行くことにした。せっかくなので、途中、柳瀬川(荒川水系)沿いを歩くコースにした。自宅から6.3km。このコースは後で調べると「水と緑の柳瀬川回廊」の一部であった。

続きを読む

土地管理の実態と課題

昨今、空き家問題に関連して、土地の所有権不明、管理放棄(含む農地・山林の耕作放棄・手入れ放棄を含む)等の問題が励起され、関連対策が取られ始めている。しかし、そもそもの土地に関する事実データ(地籍)の把握が不十分であることについての認識、危機感が行政(特に、基礎自治体)、国民ともに薄い。加えて、時代環境にあった土地利用をどうするかの枠組み/仕組みについての議論も十分ではない。

続きを読む

合意形成の前に集合知形成を

意思決定論/合意形成論については、かねてより議論がなされ、協調型合意形成/市民参加型合意形成が謳われ、現在においては、一応の公的な合意形成プロセスが法制度化されている。しかし、昨今の各種の法制度設計をみていると、果たして従来のままでいいのか、デジタル技術を活用して、個々人(住民/国民-企業人-専門家)の意見/知恵を活用(集合知化)する「政策普請」的な「政策DX」が必要ではないか、という思いを強くする。その一つのアイデアとして、「集合知形成デジタルプラットフォーム」を提案する。

続きを読む

DX白書2021等にみる日本のDXの実態

コロナ禍が発生してから約2年、日本のIT/デジタル化の遅れ、及びそれに起因する各種の仕組みの遅れが露わになった。そこにおいて、「Digital transformation(DX)」がにわかに脚光を浴び、「デジタル庁」も発足した。しかし、DXの本質的意味合いは、「データ及びITデジタル技術を活用した仕組み革新による新たな価値創出」にあるが、多くは単なる情報化/IT/デジタル化推進に留まっている。

続きを読む