発想を転換し社会システムをリデザインできるか如何

コロナ禍のパンデミックが収束(日本においては、新型コロナウイルス感染症法上の位置づけを2023.5.8に5類に移行)してから1年余が経過した。現時点において、新型コロナ関連死者数10.6万人(2020~2023年の累計)、新型コロナワクチン接種に起因する死亡認定者数 618件(2024.6.10)となっている。新型コロナ関連経営破綻件数 累計9,774件(2024.5.31)、ゼロゼロ融資後倒産 累計1,500件。感染後遺症の問題、経営への影響は今後もしばらく続く見込みである。

そして、コロナ禍による変容の象徴的事象であったテレワーク実施率は現在、43.4%(従業員30人以上東京都内企業。2024.3)に落ち着いている。コロナ禍を受けての「変容」も今や聞かれない。

 資料:疾病・障害認定審査会 第18回 感染症・予防接種審査分科会 新型コロナウイルス感染症予防接種健康被害審査第一部会 審議結果 2024年6月10日
資料:令和5年(2023)人口動態統計月報年計(概数)の概況 厚生労働省
資料:2024年5月の「ゼロゼロ融資」利用後倒産は67件 月間過去最多に並び、3カ月連続で60件超え 2024/06/06 東京商工リサーチ
資料:新型コロナ破たん 5月は274件が判明(5月31日現在)2024/06/04 東京商工リサーチ 
資料:テレワーク実施率調査 4月の調査結果 2023年05月15日 東京都産業労働局 
補:新型コロナの発生以降の経緯情報のアーカイブは「新型コロナウイルス感染症 特設コーナー by Japa」 を参照されたい。

この続きを読むには
購入して全文を読む

ライドシェアはMaaSの一環として実施すべき

交通環境の変化

人口減少による交通事業採算性の悪化、運転手不足の一方で、免許返納等による移動手段を持たない高齢者の増加に伴う移動確保問題等が相まって、地方の公共交通問題が議論されて久しい。

地方においては、もはや、かってのような大量輸送(鉄道)・中量輸送(バス)が必要な需要は存在せず、鉄道・バスの赤字路線の廃止が進んでいる。これを受け、地方自治体は廃止すれば公共交通空白地域となることを避け、「住民の移動の足」を確保するために、一部の路線については、公共交通として、バス事業者に運営委託(公的補助)し、「赤字路線バス」を維持している。

それでも、移動の足の確保が難しい特定エリアについては、利用者への利用費補助のデマンドタクシーや、自家用車を活用する「自家用有償旅客輸送」(現在は、省令により『交通空白地有償運送』及び『福祉有償運送』のみが認められている)の導入が行われている。

[参考]地域公共交通の現状と課題 国土交通省 

[参考]地域公共交通を巡る環境変化 2021年2月4日 日本銀行 

[参考]自家用有償運送、20超の自治体が導入検討 デジタル相 2024年2月21日 日本経済新聞

この続きを読むには
購入して全文を読む

羽田空港衝突事故にみるスイスチーズモデルとレジリエンス

事故情報の整理

2024年1月2日 17:47、羽田空港C滑走路で、着陸しようとしたJAL516便(エアバスA350)と、離陸待ち(能登半島地震対応の物資輸送目的)の海上保安庁の航空機(ボンバルディアDHC8型)が衝突し、双方が炎上する事故が発生した。その事故発生前後の事実経緯が報道される中、「スイスチーズモデル」や「レジリエンス」を想起したので、現時点での情報を元に整理した。

<衝突事故の前後の事実経緯>

羽田空港C滑走路での衝突の前後の事実データによる推移、分析、問題認識等については、現時点においては下記等において整理されている。

【参考】

この続きを読むには
購入して全文を読む

コロナ・インフルエンザ騒動の1年を振り返る

今年もまもなく終わろうとしている。今年の初めはまだコロナ禍が収束しておらず、5月にようやく一応の収束をみたところである。そして、年末にかけて、今度はインフルエンザが流行している。ウィルスと人間の関係はこれまでもこれからも尽きない。

続きを読む

空き家等活用の中間支援機能体の意義と必要性

空き家問題の本質

昨今、空き家が問題となっている。特に、問題とすべきは「二次的利用、賃貸用又は売却用の住宅を除いた長期にわたって不在の住宅などの『居住目的のない空き家』(2018年 349万戸)であり、この20年で約1.9倍に増加している。

続きを読む

秋の海(みなと横浜)と山(天覧山・多峯主山)

みなと横浜

先日(2023年10月20日)、一般社団法人みなと横浜改造市民会議主催の遊覧船上での懇親会に誘われ、久しぶりに横浜の街中を大さん橋・象の鼻桟橋方面に向けて歩いた。

途中の建物の風情に文明開化と大正ロマンの名残を味わいつつ、「横浜開港資料館」に着き、展示物を観て、開港前後の横浜からその後の変遷を知る。展示説明の一文に、「浮世(=社会)絵とは、都市民衆にとって関心の対象となった社会の諸事象を描いた絵である」と書かれていた。まさに、現代の社会は「浮世」の如くであり、得心する。

続きを読む

田舎への帰省にみる諸相

今年(9/8~9/14)も田舎(徳島)に帰省した。流石に、この頃には熱い夏も終わっているのではと想定しての帰省であったが、現地は連日の30度超え。帰省から帰ってきても、自宅周辺はもっと熱く33度の日々。やはり、異常気象というか、これが今後の「普通」なのかもしれない。気候変動を体感した帰省であった。

続きを読む

科博のクラファンにみる歴史文化の保存活用について

国立科学博物館(略称:科博 かはく)のクラウドファンディング(以下、CF)が話題となっている。2023年8月7日 9:00にCF募集開始し、その日の17:20には目標の1億円を超え、本ブログ執筆時には6.9億円に達している。募集終了の11月15日までには10億円を超えるかもしれない。

続きを読む

寛容とダイバーシティ

昨今、いろんな場面で国内外を問わず、批判・非難・対立・分断・紛争等の事象が発生している。大きくは、国家・地域間、小はコミュニティに至るまで、多種多様である。専制政治覇権主義権威主義国家は別として、自由・民主主義国家においても、「話し合い・聞き合い・習い合い」をして、じっくり考え、きちんと判断し、その結果には従う、ということがすっかり減った感じがする。

続きを読む

梅雨の合間に観る山陰のまちづくり・まち興し

台風2号の影響がなくなった直後の2023年6月4日(日)~6月6日(火)、二泊三日のツアー(飛行機、バス)で山陰を旅した。コロナ禍になって以降の初めての旅である。ツアーの組み方、利用客の構成、散策したまちの歴史・文化等あるものを活かし、無いなら創る、創るなら徹底して造るという「まちづくり・まちおこし」に気付かされ、「観光」のもつ地域創生への影響力を体感した旅であった。

続きを読む