2024-07-01から1ヶ月間の記事一覧

過去・現在・未来や如何 

時代を超えて 過去 現在 未来 ハーモナイズと共創 時代を超えて いよいよ2024年度(令和6年度)が始まった。各種組織体においては、今年度の事業計画等のスタートとなる。こうした事業計画等において、過去に学び(稽古照今)、現在の実態(現実)を見極め、…

「交通」から「モビリティ」へ、そして「つながり」への進化

日本版ライドシェアがスタート 交通(運輸)・ITS モビリティへのシフト 社会学におけるモビリティ モビリティを超える「つながり」へ 日本版ライドシェアがスタート 2024年4月1日、タクシー会社の管理下で運行される条件付きの「日本版ライドシェア(自家用…

新たな平常に入ったコロナ禍対応

コロナ禍発生から終了まで 内閣感染症危機管理統括庁の発足による体制一新 年度変わりをもって緊急時対応から平常時対応へ 新たな時代に向けて コロナ禍発生から終了まで 2019年後半頃から発生したと推定される今回のコロナ禍は、2年余で2022年3月23日には全…

能登半島地震における気付き

令和6年能登半島地震の概要 令和6年能登半島地震被害の概要 今回の地震の特徴その1:集落の孤立をもたらした「半島」 今回の地震の特徴その2:アクセス困難がもたらした自衛隊の存在感 今回の地震の特徴その3:新たな災害対応インフラとなったドローン 今…

増田レポート「消滅可能性都市」の問いかけや如何

第2弾の増田レポート 発表 「消滅」の意味は何か 出生率の回復(自然増)と国境を超えた社会増こそが本質 自然界・コミュニティ界の再考 改めて、基礎自治体の問い直し 第2弾の増田レポート 発表 2024年4月24日、「消滅可能性自治体」に関する第2弾のレポー…

土地利用の前に土地管理を

空き家問題に潜む土地管理問題 土地管理制度の歴史 土地管理に関する公図・台帳 土地管理の実態と課題 新たな土地管理の仕組みの創設へ 空き家問題に潜む土地管理問題 最新の住宅・土地統計調査(2023年10月1日現在値)の速報値が2024年4月30日には発表され…

地方創生の行く末

地方創生の経緯 地方創生か日本創生か 子育て支援の前に非正規雇用者対策を 地方の実態と課題 地方自治体主導/住民主導の地方創生を 地方創生の経緯 2024/5/9、『岸田文雄首相が看板政策としてきた「デジタル田園都市国家構想(デジ田)」が今年の施政方針演…

我が国における社会的孤立・孤独に関する政策とデータ

政策動向 実態把握に関する動向 研究・開発動向 政府・学会におけるシンポジウムの動向 人材育成/研修動向 政策動向 最近、社会的孤立・孤独が社会問題化している。社会的孤立・孤独の構造的背景として、社会経済の低迷(可処分所得が伸びない)、雇用形態の…

ゆるやかにつながる居場所づくりや如何

孤独と孤立 「縁」の希薄化 孤立・孤独問題への対応(ノードとリンク) ユニークさを反映できる個人ベースの仕組みへの切り替えを 孤独と孤立 最近、「孤立死 / 孤独死 / 無縁死 / 独居死」の記事を目にするようになった。用語的には、「孤独」は心情的/主観…

なぜ不正が発生するのか、なくならないのか

自動車メーカーの不正 素材メーカーの不正 生活関連企業の不正 政府の不正 失われた30年と重なる不正の発生・継続 持続的&構造的な不正の原因と対処 自動車メーカーの不正 日本の自動車メーカーは、製造品出荷額は56兆円(2021年)、自動車輸出金額 17.3兆円…

発想を転換し社会システムをリデザインできるか如何

コロナ禍のその後 孤立孤独・多死・少子化の流れ 外国人の存在感拡大 実態と仕組みのギャップ拡大 社会システムのリデザイン コロナ禍のその後 コロナ禍のパンデミックが収束(日本においては、新型コロナウイルスの感染症法上の位置づけを2023.5.8に5類に移…