なぜ不正が発生するのか、なくならないのか

自動車メーカーの不正

日本の自動車メーカーは、製造品出荷額は56兆円(2021年)、自動車輸出金額 17.3兆円(2022年)、そして自動車関連産業の就業人口 554万人(2022年)を要する日本の基幹産業である。

その自動車メーカー業界で、ダイハツの不正(2023年5月)を端緒に、自動車メーカー業界全体に渡る「型式認証不正」が明らかになり、規制の問題なのか、メーカー側の問題なのか、規制に対する認識のギャップ等もあり、論議を起こしている。

国土交通省の調査により、5社(トヨタ自動車㈱、マツダ㈱、ヤマハ発動機㈱、本田技研工業㈱、スズキ㈱)から、不正行為の報告(トヨタを含む17社は調査継続)があり、その後、立入検査も実施された。

[追記]資料:国交省、認証不正行為でマツダ、ヤマハ、ホンダ、スズキ4社の立入検査の結果公表 マツダ、ヤマハへの出荷停止指示を解除 2024年6月28日 22:38 Car watch
資料:ダイハツ工業の型式指定申請における不正行為について 令和6年4月19日時点 国土交通省 
資料:自動車メーカー等の調査報告の結果等について 令和6年6月3日 国土交通省物 流・自動車局審査・リコール課 
参考:なぜ自動車メーカーはこぞって「型式認証不正」に手を染めたのか、制度改革のチャンスを逃し続けてきたツケ 2024.6.5(水) 井元 康一郎

特に、トヨタグループでは、最近、ダイハツ以外にも不正が相次いでいる。「日野自動車2001年トヨタの子会社化)によるエンジン性能試験を巡る不正が2003年から行われていた」ことや、ダイハツ1998年トヨタの子会社化)の不正が急増したのは、「開発期間の短縮強行と業務量の急増が同時に起こった2014年以降」と報道されている。

出典:トヨタG揺らぐ信頼、豊田自動織機社長「現場任せきり」2024/01/30 読売新聞オンライン

参考:トヨタも起こした認証不正 「焦りが『解決したふり』の誘惑を生む」藤本隆宏教授 早大院・藤本教授が説く不正のメカニズム(上)2024.7.1 日経ビジネス

参考:トヨタ系、下請け50社に金型を無償で長期保管させる…最大30年・被害総額は数億円の可能性 2024/06/30 05:00 読売新聞オンライン
参考:第49回:国交省を再直撃! 結局なにが問題なのか? トヨタは悪くない……は本当なのか? 2024.06.17 webCG

この続きはcodocで購入