まちづくりの観点からの流域圏の見直し

流域圏の治水計画の見直し

最近、線状降水帯の長時間停滞による「集中豪雨」や、散在する降水域による「局地的大雨(ゲリラ豪雨)」による大雨が全国的に発生している。特に、線状降雨帯による集中豪雨はこれまでの河川計画で想定していた計画高水位を遙かに超える時間雨量を長時間にわたってもたらし、大きな土砂災害や洪水氾濫被害を惹起している。

集中豪雨・局地的大雨(ゲリラ豪雨)はなぜ発生するのか、気象庁、国土交通 2010.8-2010.9

治水計画の前提と対策を見直す必要があるが、対策のすべてをダム・堤防というハードに頼るかどうかは、里山から海に至る川の流域圏全体としてのあり方(すなわち、まちづくり)から再考する必要がある。

流域圏のとらえ方の問い直し

かって、第三次全国総合計画や第5次全国総合開発計画においても「流域圏」が取り上げられてはいたが、国土管理的概念であり、実効性はなかった。流域圏は分水界に囲まれた河川の集水域という自然地理学的な概念であり、深山・里山下流域のみんなが守り利用するという仕組み・生活形態・文化があった。

しかし、広域幹線交通路(鉄道、道路)が流域圏を分断し、川沿いよりも交通路沿いにまちづくりの中心が移ったために、流域圏を忘れたまちづくりがなされてきた。しかし、近年の大地震や今後予想されている大地震による幹線交通路の分断が予想されることや、昨今の洪水氾濫・土砂災害の状況を見ていると、改めて、流域圏としてのまちづくり・土地利用のあり方が問われていると思わざるを得ない。

報告 自然共生型流域圏の構築を基軸とした国土形成に向けて ―都市・地域環境の再生―、日本学術会議 土木工学・建築学委員会 国土と環境分科会、平成20年(2008年)7月24日

流域圏とまちづくり

特に、人里に近い里山に人の手が入らないことが里山の荒廃をもたらし、耐水・保水機能を弱め、土砂災害のリスクを高める。さらに、人の手が入らないことはイノシシ等の生育域の拡大に繋がり、中山間地域の農林地の鳥獣被害を拡大させている。しかし、里山を守るべきまち場との接点は薄れ、林家は小規模・高齢者が多く、なすすべもなく今に至っているというのが、今の日本の里山の現状である。

平成24年度 森林・林業白書 第1部 第V章 第1節 林業の動向(2)、林野庁
しかし、最近、これまでの常識とされてきた委託・請負型の林業事業体による林業ではなく、自伐(じばつ)型林業が注目を浴びている。小規模に持続的に再造林するサイクルによる自伐型林業は高齢の林家でも低コストで可能であり、収入を得られる業として成り立つとのこと。
いずれにしても、最近つくづくく思うのは、地方創生をめざすまちづくりは「まち場」だけで考えるのではなく、「里山」及び「中山間地域」から考え、その空間・産出物(間伐材等)をまち場さらには漁場へとつなげる流域圏のエコサイクルがこれからのまちづくりには求められているのではないか、ということである。

里山の再生・利用は地場の人だけでなく、大都市部の企業の参画も可能である。その先進事例となる「京都モデルフォレスト運動」は10年を経過し着実な成果を上げているとのこと。良いアイデアは新しい人や企業を呼び込み力となる。地域にあった里山再生・利用のアイデアを競い合う時代が来ているのではなかろうか。

 

改めて、地域にあった形で流域圏・里山を見直し、みんなで保全・育成し、そしてみんなで利用する仕組みを創発し、その実現に向けて棹さしたいものである。

建物探訪 近代建築と歴史的建築

近代建築-旧岩崎邸・迎賓館赤坂離宮・国会議事堂-

2017年5月27日(土)、東京都内に立地している近代建築の旧岩崎邸、迎賓館赤坂離宮、国会議事堂を観て廻った。都内での移動と入館手続きを考えて自宅の最寄り駅発の日帰りのバスツアーを利用した。

続きを読む

山田洋次監督「家族はつらいよ2」を観る

昨夜(2017.05.19)、有楽町の読売ホールで、山田洋次監督の「家族はつらいよ2」を試写会で観た。おもしろくもあり身につまされる良い映画であった。1週間後の5月27日(土)にロード笑!とのこと。

 

続きを読む

空き家問題と対策

まちの盛衰・空き家の盛衰

数年前から、自宅の最寄り駅(所沢駅)周辺の農地(茶畑、耕作放棄地等)や空き地が駐車場になったり、アパート・マンションがどんどん建っている。それがすぐに埋まっていく。最近は、少しでも空きスペースができると24時間稼働の駐車場に変わっていく。絶妙の料金設定に感心させられる。空き地の利用価値(時間価値)がよくわかる。

一方で、古いアパートに空室が目立っている。外観修理やWi-Fi無料化等の努力が見られるが、品質の違いは否めない。中には、小規模保育(ミニ保育所)に用途変更しているものもある。昨今の保育園不足を反映して、小規模保育(ミニ保育所)が多い。いわゆる屋外の遊び場がないので近くの公園に集団引率されて遊びに来ている。

続きを読む

笠間民芸の里・水戸偕楽園を観る

週末を避け、月曜日(2017年3月13日)に、生憎の曇天であったが、笠間焼で有名な笠間市にある「笠間民芸の里」(民営)にお邪魔した。そして、その後、梅まつりを開催中の水戸の「偕楽園」を観に行った。

笠間民芸の里

朝、自宅を8:30頃出発し、関越自動車道の所沢ICで高速道路に乗り、東京外環自動車道を経由し、常磐自動車道の石岡小美玉スマートICで降り、しばらく一般道を走り、笠間民芸の里に10:30頃、到着した。約2時間。スマートICを降りてから笠間にかけての家並みをみていると屋根瓦がしっかりしたしつらえの良い建物が多い。なんとなく、雰囲気が神奈川県の大磯町と似ているなと感じる。

続きを読む

「東芝」の迷走

不正会計問題からの再生を吹き飛ばす原子力事業債務問題

シャープに続いて、東芝が迷走している。平成27年に発覚した不正会計問題(東芝自身はいまだ、「不適切会計」と自称。「不適切会計問題への対応について」東芝HP)だけでも市場での存在を問われるべき状況にある東芝が、当該3社長時代に推進した原子力事業部門の経営悪化が顕在し、債務超過に陥りそうになっている。米国で平成31年から始めるシェールガス由来の米国産液化天然ガス(LNG)事業でも、最大で累計約1兆円の損失が発生する可能性がある(産経ニュース)とのこと。

続きを読む

「惑う After the Rain」 を観る

2016年1月16日、ニッショーホール(日本消防会館)で、「惑う After the Rain」を試写会で観た。明日(1月21日)から全国でロードショーとのこと。

0001

試写会当日、開場30分ほど前に着くと、既に会場入口の外に行列ができていたが、寒波の影響もあり、寒いので18:00の開場予定を10分早めてくれた。こういう配慮はたとえ10分でもありがたい。

そして、18:30から上映に先駆けて、この作品の監督である林 弘樹監督と、主演の二人の女優(佐藤 仁美、中西 美帆)が着物姿で登場し、壇上でトーク。監督は、北野武監督の助監督をしていた「次世代監督の筆頭として注目を集めている」とのことである。パンフレットには、「日本映画界屈指のスタッフが結集」と書かれていたが、監督も「細部に拘って撮った」と云っていた。そして、さすが、二人の女優は女優らしい。華やぐ。

続きを読む

無形文化遺産に決定した「秩父夜祭」を観る

秩父の夜祭

2016年12月3日(土)、「秩父の夜祭」を初めて観に行った。この夜祭は秩父神社例大祭で、京都の祇園祭、飛騨の高山祭とともに日本三大曳山祭りの一つとして知られている。花火が6千発あがり、山車と花火が一体となっているのが特徴とのこと。

15:22、西武所沢駅から西武鉄道のレッドアロー号に乗り、西武秩父駅に向かうが、臨時電車が出ていることもあり、特急でありながら途中停車があり、いつもより時間を要する。秩父駅に近づくに連れ、電車内のトイレに立つ人が多くなり、列をなしている。

続きを読む

歴史の転換点

いまは、歴史の転換点か

イギリスがEUからの離脱を国民投票で決定し、アメリカの次期大統領が選挙でトランプ氏に決まった。アジアでもいろんな動きが蠢いている。グローバリズムナショナリズムの相克が起きている。相克状態が故に、従来感覚での予想を超えた国民の選択結果が生じている。

そして、国境を超えて、クラウドコンピューティングが進展・普及し、Iot、AI(デープラーニング)、ブロックチェーン等の技術が産業革命以降の生産・サービスのあり方に一大変革を惹起しつつある。

続きを読む

高尾山を登る

ふと思い立ち、3連休の最終日の体育の日(2016.10.10)に、東京・八王子市にある高尾山(標高599m)に登った。あいにく、どんよりとした天気であったが、人出はすごかった。外国人も結構いた。さすが、年間250万人超の観光客を誇る東京近郊の人気スポットだけのことはある。2007年(平成19年)から連続して、ミシュランガイドで、最高ランクの“三つ星”の観光地に選出されているとのこと。

自宅を9時過ぎに出て、電車を乗り継ぎ、10:45頃、京王電鉄高尾線高尾山口駅につく。ここから、5分ほど歩いて高尾登山電鉄のケーブルカーの駅(清滝駅)前につく。ここから高尾山の山頂に向けていろんなコースがある。今回はケーブルカーに乗らず、コースがほぼ石畳舗装された初心者向けの1号路(表参道コース)を歩いて上ることにした。

続きを読む