秩父夜祭にみる地方創生

2018年12月3日(月)、2年前にユネスコ無形文化遺産に登録された秩父夜祭を2年ぶりに観に行った。2度目である。加えて、その後も時々、秩父に来ていることもあり、前回よりも土地勘があり、自由に動ける。今年は、12月2日の宵宮では、歴史を見直し、過去にされていたとのことで、一部の屋台曳き廻しが復活したとのこと。

▼前回のブログ:無形文化遺産に決定した「秩父夜祭」を観る - 仕組みの群像

秩父夜祭2018年 行事案内 パンフレット

特急レッドアロー号で西武秩父駅に10:53に着く。すでに、駅前広場は交通規制され、出店の準備が進んでいる。駅から徒歩数分の市役所に行く。市役所前に秩父公園があり、その公園に団子坂がつながっている。この団子坂を山車が登り、公園に山車が勢揃いして終演となる。公園に望む市役所の敷地に観覧席いわゆる桟敷が設置されている。桟敷の料金は6,000円で、当日券が販売(秩父観光協会)されていた。     

地方のまちの拠点である市役所及び周辺を祭りのクライマックスの場として上手く利用している。秩父市(人口6.3万人)が地方創生の核として、祭りを考えていることがよく分かる。

f:id:newseitenx:20181211113954j:plain

出典:秩父市HPより

f:id:newseitenx:20181211114030j:plain

出典:「市報 ちちぶ」より

f:id:newseitenx:20181211124401j:plain

f:id:newseitenx:20181211124434j:plain

 市役所を抜け、山車の出発地である秩父神社に向かう。秩父神社の境内では、例大祭としての儀式が行われている。通りにも、出店が準備で忙しくしている。準備できたところはすでに営業もしている。小中学校は休校とのことで、児童・生徒が群れて出店を楽しんでいる。聞くと、「年次有給休暇を活用して、秩父夜祭に出かけましょう!」との呼びかけ(埼玉労働局)がされているとのこと。まちを上げてのお祭りにしようという熱い想いが伝える。

f:id:newseitenx:20181211124906j:plain

f:id:newseitenx:20181211125001j:plain

f:id:newseitenx:20181211125059j:plain

f:id:newseitenx:20181211125129j:plain

一旦、娘の家で休憩し、孫(3歳)の手を引き、10kg超の孫(1歳)をおんぶ紐で抱っこして雑踏を避けつつ、観に行く。神社の儀式も終わり、境内は全面開放されている。神馬も見えた。山車も最後の飾り付けの追い込みに入っていた。スーパーの駐車場ではお囃子の舞台があり、大勢の人が休憩がてら観ている。このお囃子は、なんとなく阿波おどりの「よしこの」と似ている。三味線がないだけである。徳島にいる頃、大太鼓を叩いてこともあり、太鼓に見入る。

f:id:newseitenx:20181211125302j:plain

f:id:newseitenx:20181211125405j:plain

f:id:newseitenx:20181211125502j:plain

f:id:newseitenx:20181211125533j:plain

しばし、休憩し、いよいよ本番の「夜祭」を観に行く。すごい雑踏である。両側に並んだ出店が祭りらしさを盛り上げている。これもやはり、祭りという「ハレの日」の日本の原風景のひとつなのかもしれない。

時折上がる花火を見上げながら、秩父公園を目指して路地を徘徊する。花火の上げる方向が道案内になる。この花火の打ち上げ場所は春の芝桜で有名な羊山公園とのこと。花火の見える場所、曳かれる山車がみえる場所には人が集まっている。あちこち歩きながら、ようやく、団子坂を上がりきったところにある見どころポイントに着く。人をかき分け、なんとか山車が見える位置を確保して、山車が上がってくるのを待つ。最後の2つの山車が上がってくるのをみることができた。立派な花火も上がる。

youtu.be

f:id:newseitenx:20181211130211j:plainf:id:newseitenx:20181211125709j:plain

22:00頃には全ての山車が上がりきり、花火も終わり、全ての山車が並ぶ。22:30頃、交通規制が解かれ、山車の周りに見物客が殺到する。バックに見えるライトアップされた市役所が美しい。よく考えている。                       これでイベント的には終了だが、山車がそれぞれの地区の収納場所に帰るのは朝4時頃とのことで、曳く地元の人は大変である。

f:id:newseitenx:20181211125742j:plain

f:id:newseitenx:20181211125834j:plain

f:id:newseitenx:20181211125851j:plain

体が冷えたので出店で温かい甘酒を飲み、西武秩父駅に行く。23:20発の臨時特急のレッドアローで帰途につく。深夜1時45分頃、自宅着。1日に3度、祭りを観て歩き、総歩数1.6万歩。秩父夜祭というイベントを活かした秩父の地方創生が上手くいっていることを実感した1日であった。

七五三詣で秩父・長瀞に行く

2018年11月11日(日)、孫の七五三詣に、長瀞宝登山神社に行った。レッドアロー号(特急)で西武秩父駅に10:48分に着き、そこから神社まで、迎えに来てくれた娘の車で行った。好天に恵まれ、すでに大勢の観光客が神社を散策している。

この宝登山神社は、秩父連山にあって数少ない独立峰である宝登山(497.1㍍)の山頂に奥宮を構える神社であり、明治4年に本殿、明治7年に拝殿が再建された権現造りである。彫り物は平成21年御鎮座1900年を奉祝して改修工事がされたとのことで、極彩色が好転に映えている。入口の鳥居、階段、そして本殿に至る空間はなかなか美しい佇まいである。

f:id:newseitenx:20181112144345j:plain

f:id:newseitenx:20181112144426j:plain

f:id:newseitenx:20181112144813j:plain

境内には、SNSの案内の立て看板があるのは、、観光に力を入れている秩父長瀞らしい。

f:id:newseitenx:20181112145025j:plain

申込をして程なく、本殿で七五三の儀式が始まる。2組一緒である。祝詞のとき以外は撮影OKとのこと。終わると、千歳飴や落書き帳などが入ったお土産袋をもらい、孫がうれしそうに握っている。

f:id:newseitenx:20181112145151j:plain

その後、予約を入れてあるという旅館で食事をするために移動する。神社から、長瀞駅の前を抜け、荒川沿いにある旅館に向かうが、すごい渋滞でなかなか進まない。通りには人が溢れている。若い人が多く、観光地として活気がある。ようやく、雑踏を抜け、旅館に着く。予約時間の13:30になんとか間に合う。因みに、この旅館は、大正4年に創業され、昭和41年には、昭和天皇陛下皇后陛下行幸を頂いたとのこと。庭が有名な「岩畳」に直結している。

孫は暑いと云って、部屋に入るなり、せっかく着付けた着物を脱いでしまう。その下の孫もハイハイして大変な中、なんとか食事を済ます。

食事をした後、旅館の荒川沿いの庭に出る。眼下に、あの有名な長瀞ライン下りラフティングの乗り降りする場所や岩畳が一望できる。ここから下る先は水の流れている川幅が狭いので、流れは早く醍醐味が味わえるのではと思われる。それにしても、結構な人がライン下りやラフティングを楽しんでいる。なかなかの光景である。

f:id:newseitenx:20181112150027j:plain

f:id:newseitenx:20181112150055j:plain

f:id:newseitenx:20181112150155j:plain

f:id:newseitenx:20181112150208j:plain

しばし、庭からの風景を楽しんだ後、夕日が最高に良いというロープウェイに乗ろうと向かうが、すでに日が落ちたということで、そのまま西武秩父駅に行き、17:05発のS-TRAIN(座席指定有料列車)に乗るが、ガラガラであった。通勤時に利用するにはいいが、プライベート利用時には、同じ追加料金なら、特急レードアロー号の方がやはり良い。

秩父市内とは、また違った観光スポットである長瀞の雰囲気を知り、やはり、地域はそれぞれがユニークであり、地域の宝を活かした地域固有の活性化策が必要であることを再認識させられた1日であった。

制震・免震偽装事件 何故、性能不正が止まらないのか

地震大国日本に不可欠な耐震(耐震、制震、免震)に関する性能不正が止まらない。何故、過去の失敗に学ばず、不正発覚後の対応コストや社会的影響を顧みず、こうした不正が繰り返されるのだろうか。

続きを読む

北海道の電力系統のブラックアウトについて

2018年(平成30年)9月6日3時7分59.3秒、「平成30年北海道胆振東部地震」が発生し、18分後に道内全域約295万戸で停電するという日本では初めての「ブラックアウト」と云われる事象が発生した。東日本大震災の時に実施された「計画停電」の実施も検討されたが、実施には至っていない。

北海道胆振東部地震 - Wikipedia

続きを読む

東京国立博物館で「縄文展」を観る

2018年8月21日(火)、上野公園内にある東京国立博物館平成館で開催されている「縄文展」を観に行った。気温は31度。やや暑いが、危険な暑さでなかったことと、入口での待ち時間が少なく、助かった。

続きを読む

「平成30年7月豪雨」が示唆すること

被害の実態と対応

2018年(平成30年)6月28日から7月8日にかけて発生し、広範囲の地域に被害をもたらした前線及び台風第7号による大雨等を気象庁が「平成30年7月豪雨」と命名(同年7月9日14:00)した。

今回の豪雨の特徴は、広い範囲における長時間に渡る記録的な大雨にある。このため、河川の氾濫、浸水害、土砂災害等が発生し、死者219名、行方不明者10名(何れも、H30.7.22 05:45現在)、及び、全国各地で断水や電話の不通、道路・鉄道の寸断等のライフラインに大きな影響をもたらした。H30.7.21 20:00現在も、避難者は13府県に渡っており、避難者総数は4,439人に上っている。鉄道の復旧も時間を要しそうである。

続きを読む

歴史の転換点なのか

米朝首脳会談

歴史的と云われる米朝首脳会談が行われた。その評価は分かれている。会談の評価は、会談後の両国の実際の動きによってはじめてできるものであり、現時点での評価は難しい。しかし、この会談がなされたという事実は大きい。欧州、中東、そして東アジアからの米国の縮退の流れが事実として起きている。米国のこれまでの民主主義、自由主義、グローバル主義の理念追求型から、「アメリカ・ファースト」、「1国対1国のディール」型に変質している。国としての外交が変質している。

続きを読む

「海上保安制度創設70周年記念観閲式及び総合訓練」を観る

2018年5月19日、20日、6年ぶりとなる海上保安庁の本庁主催の「海上保安制度創設70周年記念観閲式及び総合訓練」が実施された。観閲式の観閲船(大型巡視船)は4隻(晴海埠頭から3隻、横浜港から1隻)で、2,000人が一般公募抽選で招待された。たまたま、その抽選(前回2012年の抽選倍率は6.32倍)に当たり、5月20日の観閲船の第4隻目(観閲船隊の最後尾)の「だいせん」舞鶴海上保安部所属、ヘリコプター1機搭載型)の乗船券が送られてきたので、乗り場の晴海埠頭に東京駅から路線バスに乗り換えて行った。

続きを読む

「働かせ方改革」から「生き方改革」へ

働かせ方改革

最近、「働き方改革」が議論されているが、その実相は「働かせ方改革」でなかろうか。そもそも、国主導で、個人の働き方を云々するのはおかしい。人を雇い働かせる側に対して、働かせ方を規制するのであれば分かる。長時間労働問題、過労死問題等を引き起こさないための対策や、ワークライフバランスに配慮した対策、これは全て雇う側の働かせ方の問題であり、「働かせ改革」と云った方が目的、論点が明確になる。

続きを読む

春間近の雨と雪の小田原、熱海で歴史を観る

2018年3月20日から21日にかけ、熱海の宿に泊まる機会があり、3月下旬に入ったと思えない寒さのなか、雨の小田原城を観て、夕方、熱海の宿に泊まった。明けて朝からは天気予報通り、雪交じりの雨となった。

続きを読む