夏巡業大相撲秩父場所を観る

2019年8月7日、令和元年夏巡業大相撲秩父場所を観に行った。大相撲は小さい頃から大好きで、一度、本場所を観に行きたいと思いつつ、テレビ観戦のみであった。今回、秩父市に住む娘夫婦が一緒に観ようとチケットをとってくれたので、地方巡業も含めて、実際にはじめて観ることができた。開催場所は、秩父市文化体育センターで、この施設のこけら落としの平成2年に秩父場所が開催されてから、29年ぶりとのこと。

f:id:newseitenx:20190809072219j:plain

9:52に西武秩父駅に着き、そこから車で15分ほどの所にある秩父市文化体育センターまで送ってもらう。公開稽古は8:00から始まっていることもあり、既に駐車場は満車状態。中に入ると席に案内される。タマリ席Aと云う座席で、かつ、花道脇。花道を通る力士を間近に観られる良い席であった。

f:id:newseitenx:20190809064844j:plain

f:id:newseitenx:20190809064817j:plain

f:id:newseitenx:20190809065033j:plain

土俵では、申し合いとぶつかり稽古が交互に行われていた。稽古を観ていると、力士の素の顔や力士間の関係が何となく分かる。稽古が終わると、序二段、三段目、幕下の取り組みが始まる。力士の体の作られ方、行司の格に応じた着物の違い等がよく分かる。

f:id:newseitenx:20190809070913j:plain

f:id:newseitenx:20190809070930j:plain

ここで一休み。相撲甚句、初切、櫓太鼓打分と続く。相撲甚句も時代により変わってきているとアナウンスされていたが、それでも、相撲の歴史・文化が織り込まれている。それにしても、力士の謡う声はすごく良い。力士のプロ歌手もいたがさもありなん。初切も禁じ手をおもしろおかしく表現しているが、漫才のような娯楽性を感じる。櫓太鼓の堅く締めた太鼓の乾いた音が相撲の世界に誘う。

f:id:newseitenx:20190809070942j:plain

f:id:newseitenx:20190809071145j:plain

続いて、十両の土俵入り。やはり幕下以下とは雰囲気が違う。土俵入りの後、取り組み開始までの間の時間を使って、髪結実演がされる。日本の伝統的な髷文化を観る思いである。十両の力士になると、顔の分かる力士が出てくる。

f:id:newseitenx:20190809071325j:plain

そして、いよいよ幕内土俵入。大関が不在なのでやや寂しいがそれでもやはり豪華な顔ぶれである。そして、横綱の土俵入り。白鳳の渾身の入ったせり上がりには会場からも拍手喝采。これは、生でしか伝わらないと実感。

f:id:newseitenx:20190809071504j:plain

f:id:newseitenx:20190809071522j:plain

f:id:newseitenx:20190809071621j:plain

f:id:newseitenx:20190809071637j:plain

幕内の取り組みは千秋楽仕様で横綱対決も組まれている。強い力士は体の肌つやが綺麗で、怪我も少ないように感じる。体が痛まないうちに上位に駆け上がらないといけないと云うことの証左かもしれない。しかし、さすがに体がでかい! 碧山対逸ノ城戦を観ていると、その大きさだけで歓声があがる。一方で、テレビで小さく見える小兵力士も生で見ると意外と小さく感じない。どの力士も、花道を通る時に見ると、太ももや足がすごい。こういう力士が本場所で真剣にぶつかると怪我をするのも理解できる。

f:id:newseitenx:20190809072940j:plain

f:id:newseitenx:20190809071711j:plain

f:id:newseitenx:20190809071833j:plain

弓取式が終わって、打ち出し。ほぼ午後3時。約5時間ちかく、座りっぱなしで足がしびれたが、お土産の座布団をもって退場。はじめて間近に観た大相撲巡業場所。その構成の造りこみ、力士の体つきの成長度合い、その背景にある勧進の仕組み、相撲社会の仕組み等、歴史と文化と現代性が醸し出す世界は一朝一夕にできるものではないと感じた1日であった。

はやぶさ2とアポロ

はやぶさ2 第2回タッチダウン

<本日(7月11日)、「はやぶさ2」探査機は小惑星リュウグウへの第2回タッチダウンを行いました。タッチダウンは、機上時刻で10:06(日本時間)におこなわれ、成功しました。>とJAXA が発表し、日本の宇宙技術の進化を証明して見せた。

はやぶさ2の「主製造業者」は 日本電気、「打上げ機」は H-IIAロケット26号機(製造:三菱重工業)である。日本のメーカー主導による国産技術である。昨今、日本の製造技術・品質の遅れ・退化等が云々されているが、こうしたフロンティア分野で先端技術が着実に蓄積されていることはすばらしい。

はやぶさ2」は小惑星サンプルリターンを行うミッションで、「はやぶさ」が探査した小惑星イトカワ(S型)とは別の種類の小惑星(C型)<太陽系が生まれた頃(今から約46億年前)の水や有機物が、今でも残されていると考えられている小惑星>を探査することにより、惑星の起源だけでなく地球の海の水の起源や生命の原材料をも探求するミッション、をも担っているとのこと。

その運用のハイライトは、小惑星リュウグウの表面に人工的なクレーターを作り、風化していない地表面下のサンプルを持ち帰るといった、新しい技術への挑戦であり、今回、それが完璧「100点満点の1000点」 に成功したと云うことである。

JAXAのHPの小惑星リュウグウ」への第2回タッチダウン前後の画像を見ると、約24,000万km(2019.07.25現在の地球-探査機の距離)先とは想えない鮮明さである。探査機の管制技術はもちろんのこと、カメラと伝送・画像処理技術の進歩にも感嘆するしかない。

はやぶさ2」は、「はやぶさ」の経験を活かし、例えば、姿勢制御装置が3台中2台が故障したことを踏まえ、姿勢制御装置を4台搭載し、冗長性を向上させている等、さまざまな改良を行っている。2020年末頃とされる地球への帰還が待ち遠しい。

人類自らによる月のサンプルリターンのアポロ11号から50年

一方で、歴史上初めて、月を探査し地質サンプルを持ってアポロ11号が地球に帰還したのが50年前の1969年7月24日。

あの輝かしかったアポロの次代から、既に50年、いままた、あらたな宇宙への挑戦が本格化したと言えるのではなかろうか。地上での5G競争にはおいて行かれたが、新たなフロンティアで培った技術が民政レベルに落ちてきた時に、再び輝いて欲しいものである。

令和の年金騒動

金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書 「高齢社会における資産形成・管理」が令和元年6月3日に公表されたことに端を発し、「年金」に関する議論が再び勃発している。この金融審議会のオブザーバーには、財務省厚生労働省日本銀行も入っており、データ提供を始め、内容は当然、承知していたはずであるが。

従前からの周知の事実

この報告書の「はじめに」のなかで、「本報告書の公表をきっかけに金融サービスの利用者である個々人及び金融サービス提供者をはじめ幅広い関係者の意識が高まり、令和の時代における具体的な行動につながっていくことを期待する。」と記載されている。期待とは別の形での「問題」というか「騒動」が起こり、審議会委員・事務局はとまどっているのではと推察される。

そもそも騒動のきっかけとなった「約2,000万円=収支不足額5万円/月×12ヶ月×30年」は今回、急に出てきた話ではなく、従前より、常識的な話として流布していた。手持ちの資料で確認できる範囲においてさえ、6年半前の2012年12月6日付けの新聞で報道されている。新聞で報道されるくらいなので、当然それ以前から関係者、行政においては検討されているはずである。いまさら、何でという感じで受け止める方々も多いのではないか。

f:id:newseitenx:20190620201912j:plain

高齢者の二極化

そもそも、国民年金(第1号)のみの受給者は、厚生年金(第1号)受給者と比べ、平均年金月額が厚生年金受給額分(14.5,万円)の差がある。つまり、国民年金のみの方は不足額が約7,200万円(収支不足額約20万円/月×12ヶ月×30年)という額になる。国民年金のみでは、そもそも、定義にもよるが高齢者貧困(最低限の生活に必要な約13万円/月未満の収入者)にもなる。

f:id:newseitenx:20190621103847j:plain

 ▼高齢者の27%が貧困 年収160万円以下、5年で160万人増 高齢者の「貧困率が高い国」日本4位、NAVER まとめ、更新日: 2017年09月16日
 
加えて、非正規雇用の方々(全体の37.3%:2017年総務省労働力調査)や低賃金の業種も少なからず存在するなど、全体の給与水準や退職金水準が低下している状況下では、「100年安心プラン」(2004年の年金制度改革)で現役世代の所得と連動する仕組みとなった年金給付水準は、当然、少なくなることが予想される。


f:id:newseitenx:20190621074222j:plain

 出典:非正規雇用の割合は37.3%と高水準 : 定年後も働く高齢者が増加、nippon.com、2018.04.16  

 

一方で、企業年金個人年金の加入者は、公的年金にこの企業年金個人年金が上積みされる。さらに、持ち家者は賃貸者に比べ、負債も少なく、支出に余裕がある。現役時代の所得水準が年金生活時代になってもそのまま相似形で反映され、その格差は維持されるということである。

○20歳以上65歳未満人口に対し、企業年金個人年金の加入者の割合は、25.0%
○ 厚生年金被保険者に占める企業年金個人年金の加入者の割合は、38.9%
出典:金融審議会市場ワーキング・グループ「高齢社会における資産形成・管理」報告書参考資料(案) 令和元年5月22日 金融庁

f:id:newseitenx:20190621075609j:plain

出典:経済構造分析レポート – No.31 – 変貌する高齢者家計と次世代への課題 世代間連鎖する格差は政策によって克服できるか、大和総研、2015 年8月7日

f:id:newseitenx:20190703101611j:plain

f:id:newseitenx:20190703101634j:plain

f:id:newseitenx:20190703101646j:plain

  上記の3図表の出典:平成29年 国民生活基礎調査の概況 Ⅱ 各種世帯の所得等の状況、厚生労働省
            https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa17/dl/03.pdf

 

大半の人々にとって、まさに不足分を補うべく「生涯現役」を続けるか、生活保護を受給するか、厳しい時代が予想されます。それを社会全体として、どう仕組みとして対応していくか、目先の選挙対策でどうこうする問題ではない。

資産形成をどうするか 

収入の伸びが期待できない40、50歳代以降に於いて、リスクを伴う投資的資産運用は現実的ではない。ましてや、退職金で投資(株式、公債)や自宅(新築購入、建替)に現金を費消することはその後のリスクを高めることになる。

金融審議会報告書が云うような投資を奨励するのであれば、就学期(小・中・高校生時代)に金融リテラシーを高める教育を行い、高校卒業時には、人生の収入カーブや支出カーブを知り、ファイナンシャル・プランナー(FP)3級レベルの知識を取得しておくようにする必要がある。選挙権が生じる年齢で、現実社会の仕組みを知りことは不可欠と思われるのだが。

下記の図に、期待収入曲線、住宅ローン返済・住宅資産価値減少曲線を追記してはじめて、この図の意味する資産曲線の妥当性、意味合いが明確になるのでは。

f:id:newseitenx:20190621090036j:plain

出典:金融審議会市場ワーキング・グループ 「高齢社会における資産形成・管理」 報告書参考資料(案) 令和元年5月22日 金融庁


その上で、リスクがとれる若い時代から、個々人のリスク判断の下に投資、資産形成の実践・経験を積み重ねるべきで、いきなり、現時点のシニア層にそうした対応を云っても遅きに失している。現状、60歳代で2000万円の貯蓄保有者は、わずか22.3%にすぎない。

● 貯蓄額が2000万円以上保有している割合
 年代別では29歳以下0.3%、30歳代2.5%、40歳代7.6%、50歳代14.8%、60歳代22.3%、70歳代18.6%、80歳以上18.1%となっている。」
● 無貯蓄の割合
 29歳以下15.3%、30歳代14.5%、40歳代17.3%、50歳代14.8%、60歳代14.1%、70歳代15.0%、80歳以上13.9%と、いわゆる40歳代の氷河期世代で無貯蓄世代の割合が一番高くなっている。

出典:金融庁「老後資金2000万円」報告書に目新しい事実はない、WEDGE REPORT、2019年6月13日

 

f:id:newseitenx:20190621080803j:plain

出典:平成27年版 高齢社会白書(全体版) P.18、内閣府

最大の投資である住宅の資産化を

日本の一般的な国民の生涯を通じての最大の投資は住宅取得である。しかし、その最大の投資であり、維持修繕(追加投資)しながら住み続けてきた住宅資産が、築20年もたつと資産価値がゼロになるような住宅政策、住宅供給・流通市場はおかしいと云わざるを得ない。可処分所得/消費水準を縮減させ、金融資産に投資できない最大の原因がここにある。

住宅は消費財ではなく、手入れをされ長く住むほど、住宅としての資産価値が維持・向上するのが本来である。住宅が市場価値を持ち、金融資産化しやすい状況ができれば2,000万円の金融資産の保有は現実化する。昨今の住宅・不動産業界のトップ企業の建築基準法違反による住宅・アパート等の供給姿勢、さらにはそこに流れ込む住宅金融等々、資産寿命を云々するなら、こういう個人の資金収支の太宗のところに言及して欲しい。

冒頭の金融審議会の報告書において「長寿化に伴い、資産寿命を延ばすことが必要」と記載されているが、この「資産」が金融資産(株式、公債)に偏りすぎている。大半の国民がかなりで比重で収入を住宅資産の取得に投じたにもかかわらず、住宅資産の資産寿命には触れられていない。不都合な事実、未来に対して、政治家も国民も、そして専門家、行政、メディアも冷静にソリューションを求めていかないと、この国の未来は危い。

似たような例が、総人口減少・少子高齢化問題つまりはいわゆる地方創生問題もいまになって急に問題になった話ではなく、20世紀末頃からの21世紀展望の中で指摘されていた。人口関係の予測値ほど確かなものはなく、予想通りに総人口が減少し、少子高齢化、そしてそれに伴う高齢独居世帯の太宗化、要介護者の上昇、空家の拡大、所有者不明土地の拡大、ひいては産業・企業のグローバルレベルでの成長・進歩からの遅れ、等々、人口・世帯数縮減に伴う社会的活力低下・歪み拡大が目に見える形で顕在化してきて、「世間」が騒ぎ始めたと云うところではなかろうか。


長命時代における人生の豊かさ、well-being の向上からみた暮らし方、その実現に必要な資産(財)、その資産(財)の獲得・蓄積方法、そして公的支援(年金等)の仕組み等、絡まり合う多様な社会的仕組みの見直しが到来している。そこには、事実の把握と共有に基づく多様な視点からの検討、議論が不可欠である。昨今の騒動をみるにつけ、いろいろ別の意味で考えさせらる。

「ふるさと納税」と「道の駅」

ふるさと納税については、本ブログでも過去2度言及したが、いま、ふるさと納税制度が大きく変質しつつある。
 2015-02-25 ふるさと納税の仕組みと効用
 2017-09-17 ふるさと納税のその後

続きを読む

東日本大震災のその後と今後

平成23年3月11日 14:46に発生した東日本大震災から、丸8年が経過した。今年は、ラグビーワールドカップ2019日本大会、そして来年には東京2020オリンピック・パラリンピックが開催される。ラグビーワールドカップの会場の一つとなる釜石鵜住居復興スタジアムも2018年7月末に完成している。
改めて、被災後のその後と今後について概観する。

続きを読む

コンセプトエンジニアリング

イーロン・マスクの世界感

2019年2月2日、堀井秀之東大名誉教授が主宰しているi.school/JSIC主催の シンポジウム「日本企業最期の機会領域:社会イノベーションを考える」において、出演者の一人である石川善樹氏[予防医学研究者、医学(博士)]が示された「イーロン・マスクはどう考えるか?」「スペースXの場合」「みなさんの場合」のPPTをみた。イーロン・マスクの(石川氏の解釈による)スケール感ある目標設定、目標達成に向けてのデザイン力に圧倒される。日本企業では太刀打ちできないのではと納得した。

続きを読む

消えた事実、歪んだ現実

最近、国としての品格、信用を貶める事案が頻発している。時の政権、行政の都合・忖度により、国民の財産である年金、公文書、統計に重大な問題が頻発する事態になっている。

続きを読む

秩父夜祭にみる地方創生

2018年12月3日(月)、2年前にユネスコ無形文化遺産に登録された秩父夜祭を2年ぶりに観に行った。2度目である。加えて、その後も時々、秩父に来ていることもあり、前回よりも土地勘があり、自由に動ける。今年は、12月2日の宵宮では、歴史を見直し、過去にされていたとのことで、一部の屋台曳き廻しが復活したとのこと。

▼前回のブログ:無形文化遺産に決定した「秩父夜祭」を観る - 仕組みの群像

秩父夜祭2018年 行事案内 パンフレット

続きを読む

七五三詣で秩父・長瀞に行く

2018年11月11日(日)、孫の七五三詣に、長瀞宝登山神社に行った。レッドアロー号(特急)で西武秩父駅に10:48分に着き、そこから神社まで、迎えに来てくれた娘の車で行った。好天に恵まれ、すでに大勢の観光客が神社を散策している。

続きを読む