日本品質の神話の崩壊~タカタ・三菱自工・日産・神戸製鋼~

日本品質「Japan Quality」に対する信頼・神話が崩れかけている。

 タカタ エアバック問題

2006年のタカタのメキシコのエアバック工場での原因不明の爆発以来、死傷者を出してきた問題が今年の1月に米国で司法的に決着、そして6月に負債総額1兆円超の戦後最大の倒産に至り、米国キー・セイフティー・システムズKSS(1年前に中国の均勝グループが買収)に1,750億円で事業譲渡されることになった。この間、タカタはメーカーとしての原因究明等の当事者意識、責任感が希薄であった。

タカタ製エアバッグ問題の経緯、国土交通省 
 三菱自動車 燃費不正問題

三菱自動車が燃費目標の達成要求に応えるために燃費実験データを捏造していたことが日産自動車の指摘で発覚した。同社は2000年、2004年にもリコール隠しという不正をしている。組織全体のコンプライアンス意識の低さが原因とみられている。そして、結果的に、ルノー傘下の日産自動車筆頭株主ルノー43%)の傘下(筆頭株主日産自動車34%)になってしまった。

 
日産自動車 完成車検査不正

三菱自動車を傘下に収めた日産にも、無資格者による完成車検査という不正が発覚している。これは、国交省の抜き打ちの立ち入り検査で発覚したもので、経営陣は指摘されるまで「まったく認識していなかった」と云っているが、問題発覚後も国内3工場で無資格者による検査が行われていたことは、組織内部の意思疎通、マネジメントにおいて構造的な問題がある云われても仕方がない。結果して、10月19日付で国内の全6工場で国内向けの全車両の完成検査と出荷、車両登録を停止するに至っている。


神戸製鋼 品質データ不正

さらに、それらの自動車に用いられている鋼板等を収めている神戸製鋼がアルミ・銅・鉄鋼製品の品質データの改ざんを組織的に長年行ってきたことが発覚した。JIS検査データの書き換えというJIS法違反の可能性も浮上している。基本的な素材における品質不正の影響は社会インフラを始め広範囲にかつグローバルにその影響が及ぶ可能性がある。まだ全容が解明されておらず、今後の予断を許さない。

ものづくりの仕組みと実態のギャップ

東芝経理不正に続き、これだけ日本を代表する企業の組織的不正が頻発することは、これまでつくり上げてきた日本の工業製品の品質「Japan Quality」の信頼を揺るがすものであり、神話が崩壊しかけている。「ものづくり大国」、「技術大国」が盛んに喧伝されているが、本当に現在でもそうなのか、あるいはそれをこれからもめざすことが日本の生きる道なのか、根本から考え直す時期に来ているのかもしれない。

明治維新150年、第二次世界大戦後70年余を迎える今、それらの初期のダイナミズムを生み出した時代と、現在との違いは何か。リスクをとりながら、ゼロからものづくり、仕組みづくりを行ってきた時代の事業家・企業家と、現在のある意味でできあがった組織に入り、リスクを避けながら、守られながら、社内政治的に生き残ったサラリーマン経営層との違い、換言すれば、リスクと現場、そして責任の取り方が分かっているかどうかの違いではなかろうか。

経営目標の数値を云えば現場はそれを必達するものだと思い、願望が経営目標になり、失敗が許されない現場はそれに逆らえず、不正をしてでも数字をつくる。これは現場の実態と乖離した「過剰要求」である。

それでは、なぜ、過剰要求が起こるのか、その代表的な理由が市場(顧客)への「過剰品質」である。現在のマス市場のダイナミズムはアジア・アフリカにあり、過剰品質は市場に合わない。市場に見合った「適性品質」が求められている。適性品質は多様であり、大企業が対応するには抜本的に経営構造を変えなければ難しい。もはや現場の献身的努力ではどうしようもない競争環境の時代になっている。真の経営力、組織力が問われている。

社内成功者が経営層に昇格する現在の仕組みでは、コンプライアンスコーポレートガバナンスの形式的仕組みをいくら精緻に整備しても実効性を期待できない。大企業の不正・不祥事の続発がそのことを証明している。ものづくりイノベーションよりも、組織づくり・役員体制そのものにイノベーションが求められている。

ふるさと納税のその後

本ブログで2年半前(平成27年2015.02.15)に、「ふるさと納税の仕組みと効用」と云うタイトルでふるさと納税のことについて言及したが、最近、ふるさと納税の返礼品が過剰ではないかとの議論が起きている。これは、返礼品が制度趣旨を超えるような高額なものや多様なものが少なくないことや、東京都特別区等で住民税が減収したことによる異議が唱えられたこと等による。

ふるさと納税で「赤字4億円」…町田市長が批判、読売新聞、2017年02月18日 
ふるさと納税に関する現況調査結果、自治税務局市町村税課、平成29年7月4日 
 【参考】ふるさと納税の受入額に対する返礼品の調達に係る費用の比率
      109,081百万円/284,409百万円=38.4% (昨年度結果:38.3%)
     

続きを読む

「日本のいちばん長い日」を観て

終戦記念日か、敗戦記念日

録り溜めていた「日本でいちばん長い日」(2016.1.6Blu-ray&DVD Release 。テレビ放送2016年8月14日 日曜洋画劇場」を1年遅れでようやくみることができた。お盆に帰省しなかったことと、風邪で寝込んでいたおかげである。

続きを読む

まちづくりの観点からの流域圏の見直し

流域圏の治水計画の見直し

最近、線状降水帯の長時間停滞による「集中豪雨」や、散在する降水域による「局地的大雨(ゲリラ豪雨)」による大雨が全国的に発生している。特に、線状降雨帯による集中豪雨はこれまでの河川計画で想定していた計画高水位を遙かに超える時間雨量を長時間にわたってもたらし、大きな土砂災害や洪水氾濫被害を惹起している。

集中豪雨・局地的大雨(ゲリラ豪雨)はなぜ発生するのか、気象庁、国土交通 2010.8-2010.9

治水計画の前提と対策を見直す必要があるが、対策のすべてをダム・堤防というハードに頼るかどうかは、里山から海に至る川の流域圏全体としてのあり方(すなわち、まちづくり)から再考する必要がある。

続きを読む

建物探訪 近代建築と歴史的建築

近代建築-旧岩崎邸・迎賓館赤坂離宮・国会議事堂-

2017年5月27日(土)、東京都内に立地している近代建築の旧岩崎邸、迎賓館赤坂離宮、国会議事堂を観て廻った。都内での移動と入館手続きを考えて自宅の最寄り駅発の日帰りのバスツアーを利用した。

続きを読む

山田洋次監督「家族はつらいよ2」を観る

昨夜(2017.05.19)、有楽町の読売ホールで、山田洋次監督の「家族はつらいよ2」を試写会で観た。おもしろくもあり身につまされる良い映画であった。1週間後の5月27日(土)にロード笑!とのこと。

 

続きを読む

空き家問題と対策

まちの盛衰・空き家の盛衰

数年前から、自宅の最寄り駅(所沢駅)周辺の農地(茶畑、耕作放棄地等)や空き地が駐車場になったり、アパート・マンションがどんどん建っている。それがすぐに埋まっていく。最近は、少しでも空きスペースができると24時間稼働の駐車場に変わっていく。絶妙の料金設定に感心させられる。空き地の利用価値(時間価値)がよくわかる。

一方で、古いアパートに空室が目立っている。外観修理やWi-Fi無料化等の努力が見られるが、品質の違いは否めない。中には、小規模保育(ミニ保育所)に用途変更しているものもある。昨今の保育園不足を反映して、小規模保育(ミニ保育所)が多い。いわゆる屋外の遊び場がないので近くの公園に集団引率されて遊びに来ている。

続きを読む

笠間民芸の里・水戸偕楽園を観る

週末を避け、月曜日(2017年3月13日)に、生憎の曇天であったが、笠間焼で有名な笠間市にある「笠間民芸の里」(民営)にお邪魔した。そして、その後、梅まつりを開催中の水戸の「偕楽園」を観に行った。

笠間民芸の里

朝、自宅を8:30頃出発し、関越自動車道の所沢ICで高速道路に乗り、東京外環自動車道を経由し、常磐自動車道の石岡小美玉スマートICで降り、しばらく一般道を走り、笠間民芸の里に10:30頃、到着した。約2時間。スマートICを降りてから笠間にかけての家並みをみていると屋根瓦がしっかりしたしつらえの良い建物が多い。なんとなく、雰囲気が神奈川県の大磯町と似ているなと感じる。

続きを読む

「東芝」の迷走

不正会計問題からの再生を吹き飛ばす原子力事業債務問題

シャープに続いて、東芝が迷走している。平成27年に発覚した不正会計問題(東芝自身はいまだ、「不適切会計」と自称。「不適切会計問題への対応について」東芝HP)だけでも市場での存在を問われるべき状況にある東芝が、当該3社長時代に推進した原子力事業部門の経営悪化が顕在し、債務超過に陥りそうになっている。米国で平成31年から始めるシェールガス由来の米国産液化天然ガス(LNG)事業でも、最大で累計約1兆円の損失が発生する可能性がある(産経ニュース)とのこと。

続きを読む

「惑う After the Rain」 を観る

2016年1月16日、ニッショーホール(日本消防会館)で、「惑う After the Rain」を試写会で観た。明日(1月21日)から全国でロードショーとのこと。

0001

試写会当日、開場30分ほど前に着くと、既に会場入口の外に行列ができていたが、寒波の影響もあり、寒いので18:00の開場予定を10分早めてくれた。こういう配慮はたとえ10分でもありがたい。

そして、18:30から上映に先駆けて、この作品の監督である林 弘樹監督と、主演の二人の女優(佐藤 仁美、中西 美帆)が着物姿で登場し、壇上でトーク。監督は、北野武監督の助監督をしていた「次世代監督の筆頭として注目を集めている」とのことである。パンフレットには、「日本映画界屈指のスタッフが結集」と書かれていたが、監督も「細部に拘って撮った」と云っていた。そして、さすが、二人の女優は女優らしい。華やぐ。

続きを読む